赤みをメイクで隠すのはもう無理!肌の色むらをなくす化粧水

【目次】

 

【商品紹介】

 

 

 

顔の赤みを隠すための厚化粧…

仕事場であらためて
職場の規則が発表された。

 

その中の一つの言葉が
引っかかった。

 

「厚化粧禁止」

 

直接、言われたわけではないけど
なんとなく、
私のことを言っているような…

 

確かに、私は周りの人に比べると
やや化粧を厚くしている。

 

だけど、それは
化粧を濃くしたいわけではなく、
ずっと気になっている
顔の赤みを隠したいから。

 

 

スッピンでいると
「お酒、飲んでる?」
とか言われたりすることもよくある。

 

「なんでそんなに赤いの?」
なんて言われるたびに
チクチクと小さなハリが
私の胸の中で刺さるような痛みが…

 

そんなことを言われたくないから
今は一生懸命、
化粧を厚くして
肌の色むらを隠そうとしている。

 

私の化粧が濃くなってしまうのは
色気を振りまこう
なんて思ってるんじゃない。

 

ただ、この赤ら顔を隠したいだけ…

 

⇒目次へ戻る

多くの男性に不評な女性の厚化粧

ネットで以下のような記事を見かけた。

 

 

半数の男性は
厚化粧で引いたことがあるらしい…

 

やっぱり、そうよね…

 

でも、だからといって
化粧を薄くすると
顔の赤み肌の色むら
やたらと目立ってしまうし…

 

ずっとマスクをしているわけにもいかないし
この顔の赤みを隠したりするには
今のところ、化粧を厚くして
ごまかすしか方法が…

 

なんとかならないかしら…

 

 

“お酒を飲んだわけでもないのに
いつも顔が赤い…”

 

“顔の赤みや肌の色むらが気になり、
化粧で隠そうと
厚化粧になってしまう…”

 

そのような悩みを抱えている人は
少なくありません。

 

そして、真剣に悩むがゆえ、
皮膚科で治療をうけたりしても
すぐに元に戻ってしまったり、

 

病院でも
“原因はわからない”
と言われたり…

 

 

子供でしたら、
ほっぺたが赤くなる
りんご病という病気がありますが、
大人になってからも
頬が赤いのはどうしてなのでしょうか。

 

顔の赤みの原因は
様々なものがあります。

 

⇒目次へ戻る

 

目の周りが赤くなるワケは…?

顔の赤みに悩む人の中で
特に目の周りの赤みが出る人がいます。

 

目の周りの皮膚は
他の部位と比べて3分の1くらいと
皮膚が薄くなっています。

 

また、皮脂腺や汗腺もほとんどなく、
肌のバリア機能が弱いため
中の毛細血管が空けて
見えやすくなっています。

 

 

毛細血管拡張症

通常、血管は
自律神経の働きで毛細血管が伸縮し、
血液の量や速度が調整されます。

 

ですが、なんらかの原因で、
毛細血管が広がったままとなるのが
毛細血管拡張症といいます。

 

毛細血管拡張症になると
血流量が増えた状態が続くことで
血の流れが滞り、
それが透けて肌が赤く見えてしまいます。

 

 

接触性皮膚炎

接触性皮膚炎というのは
肌に、何らかの外からの刺激のため
接触した部分に赤いブツブツや
皮膚の盛り上がりができてしまう症状で
一般的には「かぶれ」と言われたりします。

 

目をこすったり、
落ちにくいマスからなどの
アイメイクを落とす際の摩擦によって
接触性皮膚炎となることがあります。

 

 

⇒目次へ戻る

 

顔の赤み対策…本当に効果あり?

化粧で隠す顔の赤み

世間では大人の女性になり、
社会に出ると
“化粧は身だしなみ”とも言われたりします。

 

そして、顔の赤みを隠そうと
化粧を厚くしている人もいるでしょう。

 

ですが、この化粧自体も
実は肌にあまり良くなかったりします。

 

化粧品には
さまざまな化学物質が含まれていたりします。
そういった成分を肌に塗り続けていると
肌を傷めてしまうこともあります。

 

化粧品に良く含まれる肌に良くない成分

  • 合成界面活性剤

    肌のバリア機能を壊す

  •  

  • 合成ポリマー

    肌本来の潤いを保つ機能を弱める

  •  

  • 油性成分

    肌を乾燥させる

  •  

  • 合成色素

    発がん性物質が含まれるものもある

 

しかも、メイク落としそのものにも
肌に良くない成分が含まれています。

 

例えば、メイクの油性成分を落とすために
界面活性剤が使われていたりします。

 

これは皮脂を落としますが
それによって肌のバリア機能も弱めてしまい
肌を乾燥させ、
ニキビの原因となりかねません。

 

つまり、厚化粧であれば
よりメイク落としも多く使うことになり、
そういった意味でも
厚化粧は肌に良くありません。

 

 

⇒目次へ戻る

 

レーザー治療やフォトフェイシャルは効果あり?

顔の赤み、毛細血管拡張症の治療には
レーザー治療フォトフェイシャルという
特殊な装置での光を患部に照射する
という方法があります。

 

ある程度、
効果は期待できるかもしれませんが、
一方では以下のような意見があるようです。

 

 

 

一時的に効果はあっても
続けなければ効果がないかもしれませんね。

 

 

また、フォトフェイシャルに関しては
このような意見がありました。

 

 

 

 

 

確かに、お金もかなりかかりそうですし、
肌にトラブルが起きてしまうことも
あるようです。

 

レーザー治療にしろ、
フォトフェイシャルにしろ
もし、どうしてもやりたいというのであれば、
よっぽど信頼できるところを見つけて
行う方がよいでしょう。

 

 

⇒目次へ戻る

 

毛細血管拡張症と接触性皮膚炎の改善

顔の赤みの原因は
毛細血管拡張症であったり、
接触性皮膚炎であったりすると
述べました。

 

毛細血管拡張症は
毛細血管の広がりによって
血流が滞りやすくなるため
肌が赤くなったり、
色むらが出たりしますので
血行を良くすることが大事です。

 

また、接触性皮膚炎になりやすいのは
肌の保湿不足が関係しています。

 

つまり、
赤ら顔を改善するためには

  • 血行促進
  • 肌の保湿

が大切だと言えます。

 

 

保湿成分配合の化粧水が効かないワケ

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸といった
保湿成分が配合されている化粧水は
たくさんあります。

 

ですが、そういったものを使っていても
“顔の赤みには効果がない…”

 

そのように感じている人もいるのではないでしょうか。

 

もちろん、保湿化粧水だけでは
血行促進に関しては
特に働きがないから…
ということも言えるかもしれません。

 

ですが、そもそも
いくら保湿成分が配合されていたとしても

 

“しっかりと角質層まで
その成分が浸透しているのか?”

 

ということが問題になってきます。

 

つまり、保湿成分をしっかりと
肌の奥の角質層まで
浸透させなければ意味がない
ということになります。

 

 

  • 以下のページでは

    赤ら顔の悩みに特化した
    化粧水を紹介しています。

  ↓↓↓
★顔の赤みを治す化粧水

 

顔の赤み、色むらが解消されると…

 

顔の赤みが気になり
化粧で一生懸命隠している毎日…

 

もし、その顔の赤み、肌の色むらが薄くなり、
化粧を塗りたくる必要もなくなれば…

 

  • 朝の時間がもう少し余裕が出たり…
  •  

  • スッピンで鏡を見るのが楽しくなり…
  •  

  • 化粧が薄くなり肌の調子も良くなり…
  •  

  • 以前よりも男性からの視線が変わり…

 

本来のあなたの自信
取り戻しませんか?

 

 

  • 以下のページでは

    赤ら顔の悩みに特化した
    化粧水を紹介しています。

  ↓↓↓
★顔の赤みを治す化粧水

 

 

⇒目次へ戻る