レーザーで顔の赤みを取る前に…自宅で顔の赤みを消す方法

顔の赤みを取る方法…自宅での赤み対策

一般的に顔の赤み(毛細血管拡張症)
の治療方法として
レーザー治療フォトフェイシャル
がありますが、
不安な点があるということは
コチラで述べました。

 

⇒レーザー治療やフォトフェイシャルは効果あり?

 

そういった治療を受けるのも
100%間違いだとはいいません。

 

ですが、その前に
自宅での根本的なケア
を心がけることが大切となってきます。

 

自律神経を整える

気温が下がれば
体の体温を一定にしようとしたり、

 

気温が高くなると
汗をかき熱を発散させますが、
そういった機能をコントロールしているのは
自律神経というものになります。

 

自律神経が乱れると
体温のコントロールや汗のコントロールが
上手くいかなかったりしますが、
顔の赤みが取れないというのも
自律神経の乱れが関係している場合
があります。

 

自律神経を整えるには
一日の中でリラックスできる時間を
しっかりと持つようにしたり、
睡眠時間を充分に摂るようにすることも
大切になってきます。

 

 

有効なスキンケア

そもそも、顔の赤みの症状は

  • 肌荒れによる顔の赤み
  • ニキビ・ニキビ跡による肌の赤み
  • 皮脂による顔の赤み

などと、いろいろなものがあります。

 

いずれにしても大切なのは
肌の乾燥を防ぎ、潤いを与える
ということです。

 

クレンジングや洗顔などの際に、
ゴシゴシとこすって、
角質層を削り取ってしまわないように
気を付けましょう。

 

 

【商品紹介】