顔の赤み かゆみ 薬について

アトピー性皮膚炎による顔の赤みやかゆみ…薬で治る?

顔の赤みやかゆみがあるのは
アトピーが原因となっているかもしれません。

 

アトピーというのは
先天性の過敏症の一つで、
刺激に敏感になりやすい体質
のことを言います。

 

アトピー体質の人が
激しいかゆみなどを引き起こす症状として
アトピー性皮膚炎というものがあります。

 

アトピー性皮膚炎のかゆみを抑えようとして
ステロイドを使う場合があります。

 

ステロイドは確かにかゆみを抑えるのには
効果があるかもしれませんが、
アトピー自体を治す効果はありません。

 

また、ステロイドには
副作用の危険性
があります。

 

ステロイドの使用により、
皮膚が薄くなります。
すると、皮膚のバリア機能が低下
乾燥しやすくなり、
ニキビができやすくなったりします。

 

皮膚が薄くなると
皮膚の下の毛細血管が目立ち、
赤みが強くなったりします。

 

また、ステロイド外用薬に対して
アレルギー(かぶれ)
を起こすこともあります。

 

薬ではないアトピーのかゆみの改善策

一時的なかゆみを抑えるのには
ステロイドが必要な時もあるでしょう。

 

ですが、それにずっと頼っていても、
肌の状態は改善されることはないでしょう。

 

本来、病気なども
それを治すのは薬ではなく
自己の治癒力であると言われています。

 

ですから、薬ばかりに頼っていると
余計に病気が治りにくくなったりします。

 

つまり、
自己治癒力が弱くなっていくわけです。

 

薬に頼るだけでなく、
顔の赤みやかゆみを改善できるように
本来の肌の調子を整えていくことを
心がけた方がよいでしょう。

 

そのためには
充分な保湿が大切です。

 

 

保湿スキンケア『みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)』